ANA JAL 修行僧、修行尼達の解脱修行情報部屋

空の修行(ANA)、ホテル修行(IHG)の関連記事を主に掲載しています。

© Gonbe

JAL JAL修行2017

もう遅い? 2017今から始めるJAL、JGC修行 FLY ON ポイント(FOP)編

投稿日:

FLY ON プログラムとは

JALのホームページによると

「FLY ON プログラム」は、数多くご搭乗されているお客さまだけにお届けする上質のプログラムです。
毎年1月~12月の12カ月間(暦年)に積算されたFLY ON ポイントやご搭乗回数に応じて、さまざまなサービスをご利用いただけます。

だそうです。

過去に搭乗回数による修行について書きましたが今回はFLY ON ポイント(FOP)での修行についてです。

もう遅い? 2017今から始めるJAL、JGC修行 搭乗回数編

今からでは遅いのか 修行僧、修行尼の方は既にご存知だとは思いますが、これから修行をされて解脱を目指している方のために念の ...

続きを見る


FOP50,000ポイント以上を獲得し、JALグローバルクラブ(JGC)へ入会できれば無事に解脱ということになります。

G Ad

効率の良いFOPを稼ぐ

単純にFOPをたくさん獲得するには長距離を高いクラスで高い運賃を払えばいいわけですが、極貧修行僧にはハードルが高すぎます。
極貧修行僧としてはいかに効率よく解脱するかが重要です。
そこで指標となるのが1FOPあたりの単価です。
例えばA空港からB空港へ修行で飛んだ場合、10,000円で1,000FOP獲得できる航空券と24,000円で3,000FOP獲得できる航空券を比較した場合、前者はFOP単価は10円、後者は8円となり後者の方が効率が良いということになります。

この様にFOPでの修行の場合は回数修行の場合と違い効率の良い航空券を発見することが鍵となります。
ですが、先人修行僧の方々のおかげでいくつかの効率の良い修行ルートが発見されています。
この辺はグーグル先生に問い合わせると直ぐに答えてくれると思います。

ちなみに2017年5月現在でJALが直行便を運行している路線で区間マイルが多い区間をいくつかピックアップしてみました。

  1. 羽田ー石垣 1,224マイル
  2. 羽田ー宮古 1,158マイル
  3. 羽田ー久米島 1,018マイル ※季節運行
  4. 羽田ー沖縄 984マイル
  5. 新千歳ー福岡 882マイル
  6. 沖縄ー小松 873マイル
  7. 名古屋ー沖縄 809マイル
  8. 伊丹ー女満別 797マイル ※季節運行
  9. 伊丹ー沖縄 739マイル
  10. 伊丹ー旭川 739マイル ※季節運行
  11. 福岡ー花巻 724マイル
  12. 名古屋ー釧路 690マイル ※季節運行
  13. 伊丹ー新千歳 666マイル
  14. 福岡ー仙台 665マイル
  15. 名古屋ー帯広 652マイル ※季節運行

要は上記区間でFOP単価が安い航空券で飛ぶと良いということになります。

ドメ専(国内線のみ)での修行ルート

最寄りの空港である小松空港を利用した個人的な修行ルートを検討してみましょう。
小松-沖縄が先のリストにも上がっているのでこれが使えるか検討してみます。
獲得できるFOPはJALのこちらのページで簡単に計算することが出来ますので利用しましょう。

普通運賃で小松ー沖縄を購入すると45,800円、クラスJを利用すると46,800円です。
ビジネスきっぷだと40,700円、クラスJ利用だと41,700円、特便割引21だと30,500円、クラスJ利用だと31,500円、先得割引だと27,500円、クラスJ利用だと28,500円です。
これをもとに獲得できるFOPを計算するとそれぞれ2,146FOP、2,320FOP、2,146FOP、2,320FOP、1,710FOP、1,884FOP、1,310FOP、1,484FOPとなります。
ここでFOP単価を計算すると21.3円、20.1円、18.9円、17.9円、17.8円、16.7円、20.9円、19.2円です。
この結果から小松ー沖縄で一番効率の良い航空券はクラスJを利用した特便割引21ということに。

小松から沖縄へは羽田を経由して行くことも出来ますよね。
比較のために羽田経由も計算してみましょう。
小松ー羽田ー沖縄で飛ぶ場合は特別乗継割引が適用されます。
特別乗継割引を利用した場合46,480円、クラスJ利用だと48,480円、獲得できるFOPは2,790FOP、3,028FOP、FOP単価は16.6円、16.0円となります。
また、乗継割引7を利用した場合は36,480円、38,480円、2,192FOP、2,430FOP、FOP単価は16.6円、15.8円。
乗継割引28を利用した場合は23,280円、25,280円、1,792FOP、2,030FOP、FOP単価は12.9円、12.4円となります。
小松から直行便で沖縄へ行くより羽田経由で沖縄へ行った方が効率が良いことがわかります。
また小松ー沖縄は1日1往復しか飛んでいませんが、羽田経由だと複数便飛んでいますし、ファーストクラスの設定もあるので修行ルートとしては羽田経由を選択ですね。
注意事項としては修行する時期や料金が変動する航空券もありますので、最終的には確保できる航空券で都度再計算が必要です。

国際線を含めた修行ルート

国際線を利用しての定番修行ルートはやはり沖縄ーシンガポール、通称オカシンですね。
なぜ沖縄ーシンガポールが定番なのかは諸先輩方のブログ等を参考しにしていただくとして、簡単に言うと国際線区間に付随する国内線区間は通常料金と比較すると破格ですし、マイルやFOPも100%加算されるため非常に効率が良くなります。
発着地を石垣にする方法もありますが、沖縄と比較すると便数が少ないところが玉に瑕でしょうか。

さて、ここで小松からの国際線修行ルートを考えてみると以下の通り。

  1. 小松ー羽田
  2. 羽田ー沖縄
  3. 沖縄ー羽田
  4. 羽田ーシンガポール
  5. シンガポールー羽田
  6. 羽田ー沖縄
  7. 沖縄ー羽田
  8. 羽田ー小松

国内区間の移動は先に記述した通り乗継割引28を利用した方がよさそうですので、小松ー羽田ー沖縄区間はそちらを利用しましょう。
こちらで25,280円で2,030FOPを獲得することが出来ます。
続いて国際線航空券分の沖縄ー羽田/成田ーシンガポールー羽田ー沖縄は81,560円で10,504FOP獲得できます。
と言う事で小松発オカシン修行を行うと132,120円で14,564FOP獲得でき、1FOP単価は9円となります。

国際線を利用した修行の場合は小松から沖縄への移動が必要なため、どうしても4日間必要になるので、休暇を取って修行せざるを得ません。
おまけにシンガポールのホテルはちょっとお高めですし、総コストとしてはドメ専よりかかるかもしれませんね。

目標はFOP単価は10円以下

FOPでの修行の場合はやはり目標単価としては10円以下となる行程がひとつの目標ではないかと思います。
先に調べた小松発オカシン修行はFOP単価が9円と言う事でひとまず合格ライン。
この行程で修業をして解脱するには多少オーバーランしてしまいますが4回の実施が必要です。

昔はドメ専でも10円以下の修行ルートがありましたが、残念ながら今は・・・
沖縄ー石垣タッチが懐かしいですねぇ。

FOPでの修行の場合は購入時期により航空券の価格が変動しますので再計算する必要があります。
その点は十分にご注意ください。

by ごんべぇ

 

G AD

G AD

ブログ村

にほんブログ村での現在のランキング→にほんブログ村ランキング

人気ブログランキング

人気ブログランキングでの現在のランキング→人気ブログランキング

A8


-JAL, JAL修行2017
-, ,

Copyright© ANA JAL 修行僧、修行尼達の解脱修行情報部屋 , 2017 All Rights Reserved.